シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間と共に味わいが変化!お酒に浮かぶ氷の塊が特徴【ウォッカ・アイスバーグ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ウォッカ・アイスバーグの作り方】

【準備するもの】

ウォッカ:60ml
大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物を主な原材料としており、ジンと原材料はほとんど同じである。しかし作る工程が異なり、その為エタノール成分を除けば無味無臭である。スクリュードライバーなど、ウォッカベースの人気カクテルは多いが、意外にもロシアや東欧ではウォッカと何かを混ぜることは邪道と言われている。

パスティス:2dash
香草系のリキュール。販売が中止になったアブサンの代替品になったと言われている。

【手順】

①大きめの氷を入れたオールド・ファッションド・グラスにウオッカを注ぎます。
②ペルノを入れ、軽くステアし完成です。

【ウォッカ・アイスバーグの特徴】

まったく甘みのないカクテル。ウイスキーのオン・ザ・ロックのウオッカ版といったもの。
シャープなウォッカにパスティスの香りがとても合っているカクテル。

【ウォッカ・アイスバーグのストーリー】

このカクテルは、ナンシー・バーグというアメリカの女性ライターが、エクスワイア誌の「有名人の作ったカクテル」というコーナーで発表したものだ。
なお、アイスバーグとは氷山のこと。

いかがでしょうか?
ウォッカ・アイスバーグと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする