シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーテンダー殺しと呼ばれるほど手間のかかるカクテル。【トム・アンド・ジェリー】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【トム・アンド・ジェリーの作り方】

【準備するもの】

ダークラム:30ml
ラム酒とは、サトウキビを原料として作られる、西インド諸島原産の蒸留酒です。ダークラムは、蒸溜した原酒を、内面を焦がした樽で3年以上貯蔵するため、樽からの独特な香味成分が出て濃褐色になるのが特徴です。

ブランデー:15ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

砂糖:2tsp
甘味ある調味料です。

:1個
様々な場面で使われている食材。鶏の卵の事を一般的には言う。

熱湯:適量
熱いお湯です。

【手順】

①卵を卵黄と白身にに分け、それぞれ泡立てます。
②グラスに卵黄と砂糖を入れ混ぜ合わせます。
③艶が出たら、泡立てた白身を入れ混ぜ合わせます。
④ラムとブランデー、熱湯を適量を注ぐと完成です。

【トム・アンド・ジェリーの特徴】

古くから知られる有名なホットカクテル。クリスマスドリンクとして、アメリカ、イギリスで親しまれている。卵を使った濃厚さが後味を引き、冷えた体も温めてくれる。卵のきめ細やかな泡がさらに味を丸くし、かなりまろやかな味わいのカクテル。

【トム・アンド・ジェリーのストーリー】

19世紀末の名バーテンダー、ジェリー・トーマス氏が考案した。彼ははじめこのカクテルに「コペンハーゲン」という名前をつけようと思っていたが、すでに別のカクテルにつけられていたので、それならと自分の名前をつけたそうだ。風をひいたときに薬がわりに飲む人も多い、ホットカクテルである。熱湯をミルクにかえ、卵を全卵であわ立てると「ブランデー・エッグノッグ」になる。

いかがでしょうか?
トム・アンド・ジェリーと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする