シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガーが愛した【テキーラ・サンライズ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【テキーラ・サンライズの作り方】

【準備するもの】

テキーラ:45ml
4大スピリッツの1つであるテキーラはリュウゼツランの一種である「アガベ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」を原料とした蒸留酒で、その中でも特定の生産地で作られたものをテキーラと呼んでいます。その他にもいくつか規則があり、51%以上の原料が使われていることやアルコール度数が35%~55%であること、などの決まりがあります。カクテルにして飲んでも美味しいですし、ライムをかじりゴクッとストレートで飲んでも非常に美味しいお酒です。

オレンジジュース:90ml
オレンジの果実を搾り、その果汁から作られる飲料水です。

グレナデンシロップ:2tsp
シュガー・シロップにエッセンスで香りづけしたシロップをフレーバード・シロップという。その代表的なものとしてグレナデン・シロップがあげられます。

【手順】

【テキーラ・サンライズの特徴】

テキーラ・サンライズは全体的にさっぱりとしたテイストに仕上がっているため、どんな食事やシチュエーションにも比較的よく合うカクテル。

【テキーラ・サンライズのストーリー】

オレンジを朝焼けの空、グラスの底に沈んだグレナデン・シロップを太陽に見立ててこの名前がついたとされている。元々はメキシコのマイナーなカクテルだったが、ローリング・ストーンズのボーカリスト、ミック・ジャガーが1972年のメキシコ公演で絶賛、メキシコ滞在中にかなりの量を飲んだ事が知られることによって知られるようになった。

いかがでしょうか?
テキーラ・サンライズと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする