シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるでタンゴダンスのように情熱的【タンゴ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【タンゴの作り方】

【準備するもの】

ジン:25ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

スイートベルモット:10ml
甘口のベルモットです。イタリアのピエモンテ地方などで主に作られていたので、イタリアン・ベルモットとも呼ばれています。

ドライベルモット:10ml
フランス発祥の辛口のベルモットです。ベルモットは、白ワインをベースに、香草やスパイスを混ぜて作られるフレーバードワインです。

オレンジキュラソー:5ml
オレンジの果皮を主に使用して作られる、オレンジリキュールです。
シトラスの風味やオレンジの甘味が感じられるお酒です。

オレンジジュース:10ml
オレンジの果実を搾り、その果汁から作られる飲料水です。

【手順】

①シェーカーに材料と氷を入れ、シェークします。
②カクテルグラスに注ぎ完成です。

【タンゴの特徴】

ベルモットとオレンジキュラソーの豊かな香りと甘味が贅沢なカクテル。 ドライジンと、ドライとスイートのベルモット、この3つが絶妙なハーモニーを奏で、それをオレンジの甘い風味が包み込む。 カップルで楽しんでほしいカクテル。

【タンゴのストーリー】

タンゴが生まれたのは、パリはドーヌ通りのハリーズ・ニューヨーク・バー。 あのカクテルの傑作ホワイト・レディを創作した名バーテンダー、ハリ-・マッケルホーンが1923年に開いたバーで、パリのアメリカ人に人気の店だった。 当時のパリでは、それまでのコンチネンタル・タンゴにかわって、アルゼンチン・タンゴが一大ブームになっていたそうだ。 そこでハリ-が自慢の腕をふるい、つくり出したのがこのタンゴだという。

いかがでしょうか?
タンゴと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする