シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グレープフルーツと塩の絶妙な組み合わせ【ソルティー・ドッグ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソルティー・ドッグの作り方】

【準備するもの】

ウォッカ:40ml
大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物を主な原材料としており、ジンと原材料はほとんど同じである。しかし作る工程が異なり、その為エタノール成分を除けば無味無臭である。スクリュードライバーなど、ウォッカベースの人気カクテルは多いが、意外にもロシアや東欧ではウォッカと何かを混ぜることは邪道と言われている。

グレープフルーツジュース:適量
ミカン科の常緑小高木、グレープフルーツを絞り液状にしたもの。

:適量
BARで一般的に使われる塩は「マルガリータ・ソルト」他にも「食卓塩」「海塩」「岩塩」など使用する場合があります。

【手順】

①グラスの縁を濡らし、グラスを塩でスノー・スタイルにします。
②そこへ材料を注ぎ、軽くステアし完成です。

【ソルティー・ドッグの特徴】

ウォッカとグレープフルーツのシンプルなカクテルですがグラスのフチに付けられた塩が味と食感を変えて楽しませてくれる。

【ソルティー・ドッグのストーリー】

1940年代にイギリスで生まれたカクテル。「ソルティ・ドッグ」とは「甲板員」を意味するイギリスのスラングで、甲板員が甲板の上で汗だらけ塩だらけになって働く様子から来ている。

いかがでしょうか?
ソルティー・ドッグと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする