シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

晴天の空をイメージさせる!爽快感あふれるカクテル【スカイ・ダイビング】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スカイ・ダイビングの作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:30ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

ブルーキュラソー:15ml
オレンジを主原料にし、青に色付けした香りが強く甘いリキュールです。キュラソーは主にカクテル作りに使われますが、スイーツを作る時にも使われます。

ライム:2tsp
ライムの酸味がカクテルを爽やかな味わいにします。

【手順】

①全ての素材をシェークする。
②カクテルグラスに注いで完成です。

【スカイ・ダイビングの特徴】

名前のとおり、真っ青な空を連想させるような鮮やかなブルーが印象的。
キュラソーの甘く苦い香りと、ライムの風をきるような爽快さが絶妙のバランスでハーモニーして、ラムの味をより刺激的なものにしている。
涼味満点の爽やかなカクテル。

【スカイ・ダイビングのストーリー】

1967年、全日本バーテンダー協会カクテル・コンペティションで優勝した作品で、作者は大阪の渡辺義之氏。
カクテルの中に、青い大空をイメージしたという。
1967年当時といえば日本でもスカイダイビングが流行し、現在のスカイスポーツの原点になった時代。
作者の渡辺氏がどんな人物だったのかは記録にほとんど残っておらず、誕生の歴史は謎に包まれているが、スカイ・ダイビング・カクテルは50年経っても人々に支持される不朽の名作カクテルである。

いかがでしょうか?
スカイ・ダイビングと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする