シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夕焼けを感じさせる色合い。夏にぴったりのカクテル【シンガポール・スリング】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【シンガポール・スリングの作り方】

【準備するもの】

ジン:45ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

レモンジュース:20ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

マラスキーノ・チェリー:15ml
マラスキーノに漬け込んださくらんぼです。

砂糖:1tsp
甘味ある調味料です。

ソーダ:適量
シュワシュワっと口当たり爽やかな炭酸飲料です。

チェリー:1個
甘酸っぱい味わいの果物です。

レモン:一切れ
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

【手順】

①ジン、レモンジュース、砂糖をよくシェークし、氷を入れたタンブラーに注ぎます。
②ソーダで満たし、軽くステアします。
③チェリー・ブランデーを静かに落とす。レモン・スライス、チェリーを飾って完成です!

【シンガポール・スリングの特徴】

夕焼けを思わせるエキゾチックな色合いが特徴です。 ジンのドライ感、チェリーブランデーによるフルーティーな甘み、レモン、炭酸による爽快感が合わせることで、バランスのある味わいになっています。 トロピカル・カクテルに分類されることも多く、特に夏にはピッタリのカクテルです。

【シンガポール・スリングのストーリー】

イギリスの小説家サマセット・モームが“東洋の神秘”とたたえた、世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを表現したカクテル。 その名の通り、シンガポール生まれの名カクテルである。 1915年、シンガポールのラッフルズ・ホテルのロングバーのバーテンダーであった、厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりである。 なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。 他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがある。 このシンガポール・スリングも、本来そのバリエーションの一つである。 2015年、100周年を迎えた。

いかがでしょうか?
シンガポール・スリングと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする