シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上品かつ濃厚な味わい!デザートカクテルもイケる【シルビア】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【 シルビアの作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:20ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

オレンジキュラソー:15ml
オレンジの果皮を主に使用して作られる、オレンジリキュールです。
シトラスの風味やオレンジの甘味が感じられるお酒です。

パイナップルジュース:20ml
パイナップルの甘酸っぱさがさっぱりとしたカクテルの味わいをつくります。

オレンジジュース:20ml
オレンジの果実を搾り、その果汁から作られる飲料水です。

グレナデンシロップ:3dash
シュガー・シロップにエッセンスで香りづけしたシロップをフレーバード・シロップという。その代表的なものとしてグレナデン・シロップがあげられます。

卵黄:1/2個
卵の黄身の部分。

パイナップル:1cut
パイナップル系のカクテルにカットし装飾用に使用します。

【手順】

①材料をシェークします。
②オールド・ファッションド・グラスに注ぎます。
③カットしたパイナップルを飾り完成です。

【 シルビアの特徴】

甘酸っぱいパインやオレンジのフルーツフレーバーが爽やかさを醸し出す反面、卵黄のコクがあるので濃密な味わいのカクテル。
オレンジキュラソーの中でも逸品として名高いグランマルニエの、じっくりと熟成させた深みのある豊かな香りが魅力。

【 シルビアのストーリー】

カクテル言葉は「あなたを想って」。
また、花にも「シルビア」というリンドウの一種で白い花が素敵な花があり、花言葉は「愛の絆、献身的な愛」。
ギリシャ神話では、「シルビア」という美しい清楚な乙女が登場する。
そんなシルビアの名を借りたシルビアは、清楚でしなやかな女性をイメージさせるフルーティーさと滑らかさを備えた逸品。
コクがあるので、カットパイナップルやマラスキーノチェリーをお好みで飾って食後のデザートカクテルとして楽しめそう。

いかがでしょうか?
シルビアと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする