シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その飲み心地良さは危険の証!刺激的な夜を過ごす【サイドカー】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【 サイドカーの作り方】

【準備するもの】

ブランデー:30ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

ホワイトキュラソー:15ml
オレンジを主原料にし、青に色付けした香りが強く甘いリキュールです。キュラソーは主にカクテル作りに使われますが、スイーツを作る時にも使われます。

レモンジュース:15ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

【手順】

①材料すべてをシェイクします。
②カクテルグラスに注ぎ完成です。

【 サイドカーの特徴】

サイドカーは、ブランデーベースのスタンダード・カクテルで、レモンの酸味とホワイトキュラソーの甘み、ブランデーの香りがバランスした、大人っぽい味のカクテルです。甘い口当たりの割りに、後味がすっきりしているので、ついつい進んでしまいます。

【 サイドカーのストーリー】

ジンベースにすると「ホワイト・レディ」ウォッカベースにすると「バラライカ」ラムベースにすると「X-Y-Z」ウイスキーベースにすると「ウイスキー・サイドカー」焼酎ベースにすると「焼酎・サイドカー(酎・サイドカー)」などバリエーションが豊富です。名前の由来にも諸説あってサイドカーには女性を乗せて走ることが多かったが、交通事故の際は被害が重くなるため、飲み心地が良いが酔い潰れやすいカクテルの味わいにちなんでいるとか。

いかがでしょうか?
サイドカーと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする