シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抹茶好きにはたまらないカクテル【照葉樹林】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【照葉樹林の作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:30ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

グリーンティーリキュール:30ml
原料に抹茶が使用されている日本原産のリキュール。お茶の香りと渋みが特徴です。

ウーロン茶:適量
ウーロン茶は、中国茶の中でも青茶(せいちゃ)に分類されており、日本でも幅広い年代に親しまれている。

【手順】

①材料を氷を入れたタンブラーに注ぐ。
②軽くステアし、完成です。

【照葉樹林の特徴】

お茶を使った珍しい和風カクテル。名前の通り涼しげな緑色をしている。
和風や中華の料理と一緒に飲むのにぴったりなカクテルで、度数が弱めなのでお酒が弱い人でも楽しめる。
甘いグリーンティリキュールをウーロン茶で割ることでさっぱりとした風味に。

【照葉樹林のストーリー】

1980年にサントリーの福西英三氏によって作られた。
グリーンティリキュールは日本産のリキュールで抹茶、玉露などを使い、日本茶の味と色、香りをつけたもの。
お茶の木であるカメリア・シネンシスというツバキ科ツバキ属の常緑樹はアジアに広く分布しており、照葉樹林というのはこの分布地帯の名前。
日本人ならきっと誰もが親しみやすい味の、どこか懐かしい気持ちになるカクテル。
おつまみには和菓子を添えると相性がよさそう。

いかがでしょうか?
照葉樹林と共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする