シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールが苦手な人にも飲みやすい!【シャンデー・ガフ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【 シャンデー・ガフの作り方】

【準備するもの】

ビール:105ml
世界でで最も飲まれているお酒です。大麦を発芽させた麦芽を発酵させて作られます。
世界各国で製造されており、味わいも国によって違います。

ジンジャーエール:105ml
ジンジャーの苦味ある味わいとシュワっとのどごしが良い炭酸飲料です。

【手順】

①グラスにジンジャエールを入れ、ビール注いだら完成です。

【 シャンデー・ガフの特徴】

全体的にさっぱりとしたテイストに仕上がっていますので、どんな食事にも比較的よく合い、食前や食後、デザート、カクテルタイムなどのシチュエーションにおすすめのカクテルです。
シンプルなカクテルだけにビールとジンジャーエールの割合で風味は大きく変わります。
スタンダードな割合は1対1ですが、ビール独特の風味が苦手な方や、甘いカクテルがお好きな方はジンジャーエールの割合を増やしても大丈夫。

【 シャンデー・ガフのストーリー】

名前の由来は不明。
イギリスでは昔からパブで飲まれている。
昔のシャンディ・ガフはジンジャー・エールではなく、ジンジャー・ビアとエールで作っていた。
現在も、イギリスのパブでは、もっともポピュラーな飲み物の1つ。
ドイツではレモネードで割ったものを、南部で「ラドラー」(Radler)、北部では「アルスター・ヴァッサー」(Alsterwasser)と呼ぶ。
フランスには、同様にビールを透明な炭酸飲料かレモネードで割った、「パナシェ」というカクテルがある。名前の由来はフランス語で「混ぜ合わせる」である。
フランス人から見ればシャンディ・ガフはパナシェの一種ということになるが、逆にイギリスではパナシェのこともシャンディと呼んでいる。
スペインでは、缶入りクルスカンポ・シャンディ(Cruzcampo Shandy)が広く売られている。

いかがでしょうか?
シャンデー・ガフと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする