シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラスの底のスロー・ジンが朝焼けをイメージさせる【ライジング・サン】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ライジング・サンの作り方】

【準備するもの】

テキーラ:30ml
4大スピリッツの1つであるテキーラはリュウゼツランの一種である「アガベ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」を原料とした蒸留酒で、その中でも特定の生産地で作られたものをテキーラと呼んでいます。その他にもいくつか規則があり、51%以上の原料が使われていることやアルコール度数が35%~55%であること、などの決まりがあります。カクテルにして飲んでも美味しいですし、ライムをかじりゴクッとストレートで飲んでも非常に美味しいお酒です。

イエローシャルトリューズ:20ml
ハーブ系リキュールと言われる薬草系のリキュール。グリーンとイエローがあり、グリーンはミントっぽいハーブ系の味わい。イエローはグリーンよりも甘さがある。

ライムジュース:10ml
ライムの酸味がカクテルを爽やかな味わいにします。

スロージン:1tsp
スモモの仲間であるスローベリーを主原料にし、浸漬することで作られるリキュールです。

チェリー:1個
甘酸っぱい味わいの果物です。

:適量
BARで一般的に使われる塩は「マルガリータ・ソルト」他にも「食卓塩」「海塩」「岩塩」など使用する場合があります。

【手順】

①塩でスノースタイルにしたソーサ型シャンパングラスを用意すします。
②シェーカーにテキーラ、イエロー・シャルトリューズ、ライム・ジュースを入れて、氷を入れ、シェークします。
③用意したソーサ型シャンパングラスにシェークした材料を注ぎます。
④チェリーを沈めて、ゆっくりスロー・ジンを注ぎ入れて完成です。

【ライジング・サンの特徴】

黄色い色をしており、味は中口。 スノースタイルにした塩を朝もやに見立て、チェリーが昇る朝日を表現している。

【ライジング・サンのストーリー】

ライジング・サンとは朝日という意味があります。このカクテルは朝日をイメージしている。1963年調理師法施行10周年記念カクテル・コンペティションで厚生大臣賞受賞作品です。今井清氏が創作したカクテル。

いかがでしょうか?
ライジング・サンと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする