シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パイナップルの果肉が美味しいカクテル♪【 ピニャ・コラーダ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【 ピニャ・コラーダの作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:45ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

パイナップルジュース:80ml
パイナップルの甘酸っぱさがさっぱりとしたカクテルの味わいをつくります。

ココナッツミルク:45ml
ココナッツの種子の中央に溜まった水状の液体。カクテルで使用する場合はマリブココナッツリキュールに生クリームで代用する場合が多いです。

パイナップル:1cut
パイナップル系のカクテルにカットし装飾用に使用します。

チェリー:1個
甘酸っぱい味わいの果物です。

【手順】

①材料をシェークし、クラッシュドアイスを詰めたグラスに注ぎます。
②パイナップルとチェリーを飾り、ストローを添えて完成です。

【 ピニャ・コラーダの特徴】

ラムをウォッカに替えるとチチになり、ラムを抜くとヴァージンピニャコラーダになる。
パイナップルジュースをメインにしたトロピカルな味わい。甘さはふつう程度で、シェイクで作る。
度数は7%と低め。炭酸なし。

【 ピニャ・コラーダのストーリー】

ハワイのハレクラニホテルで日本人が頼むカクテルの堂々1位に輝いている。
ピニャ・コラーダはスペイン語で「パイナップル畑」という意味。
何故スペイン語かというとプエルトリコのバーテンダーが発明したから。
アメリカでは1970年代のマイアミやニューヨークで流行ったが、ココナッツミルクが簡単に手に入らなかった日本では1980年より前は「幻のカクテル」と言われていた。
カクテル言葉は「淡い思い出」。
リゾート気分を味わいたい時におすすめ。

いかがでしょうか?
ピニャ・コラーダと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする