シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レモンの甘さとビールの苦味が絶妙!【パナシェ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【パナシェの作り方】

【準備するもの】

ビール:30ml
世界でで最も飲まれているお酒です。大麦を発芽させた麦芽を発酵させて作られます。
世界各国で製造されており、味わいも国によって違います。

透明なレモン炭酸飲料:30ml
炭酸水にレモン入れて完成です。

【手順】

①ビールをグラスに注ぎ、レモン風味の炭酸飲料を注いで完成です。

【パナシェの特徴】

色は濁らず透明に近いのが良しとされ、基本的にステアは行わない。
ビールとレモネードのようなソーダを、同量で割ったごく軽い味のカクテルである。
ビールの持つほろ苦さと炭酸飲料の甘さが、はじける泡に混じって飲み口は爽快。

【パナシェのストーリー】

“パナシェ”とはフランス語で「混ぜ合わせた」の意味。
「パナシェ」に使うレモネードをジンジャーエールにすると、「シャンデー・ガフ」になる。
ちなみに、日本でいうレモネードを、フランスでは、シトロン・プレッセという。
イギリスでは、パナシェのこともシャンディ・ガフ、またはシャンディと呼ぶ。
昼食にワインを合わせるフランスのビジネスマンも、近年の風潮を踏まえて、ワインの代わりに低アルコール飲料のパナシェを選ぶことが多くなった。

いかがでしょうか?
パナシェと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする