シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリオリンピックを祝して【オリンピック】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【オリンピックの作り方】

【準備するもの】

ブランデー:20ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

オレンジキュラソー:20ml
オレンジの果皮を主に使用して作られる、オレンジリキュールです。
シトラスの風味やオレンジの甘味が感じられるお酒です。

オレンジジュース:20ml
オレンジの果実を搾り、その果汁から作られる飲料水です。

【手順】

①材料すべてをシェイクします。
②カクテルグラスに注ぎ完成です。

【オリンピックの特徴】

オレンジリキュールの香りとフレッシュなオレンジ果汁がマッチした爽やかな香りと濃厚な果汁のうま味がブランデーのコクを更に深めている。スポーツの祭典にふさわしい華やかな色合いやちょっと甘めでさっぱりした飲み口

【オリンピックのストーリー】

オリンピックのカクテル言葉は「待ち焦がれた再会」1942年のパリ・オリンピックの開催時期にパリ市内にある有名なホテル・リッツのバーテンダー、フランク・ヴェルマイヤーにより考案されたフランス産まれのカクテル。ブランデーはワインを蒸溜して、ウイスキーと同じように樽で貯蔵、熟成させたものです。

いかがでしょうか?
オリンピックと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする