シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テキーラベースでは最古のカクテル【メキシカン】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【メキシカンの作り方】

【準備するもの】

テキーラ:40ml
4大スピリッツの1つであるテキーラはリュウゼツランの一種である「アガベ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」を原料とした蒸留酒で、その中でも特定の生産地で作られたものをテキーラと呼んでいます。その他にもいくつか規則があり、51%以上の原料が使われていることやアルコール度数が35%~55%であること、などの決まりがあります。カクテルにして飲んでも美味しいですし、ライムをかじりゴクッとストレートで飲んでも非常に美味しいお酒です。

パイナップルジュース:20ml
パイナップルの甘酸っぱさがさっぱりとしたカクテルの味わいをつくります。

グレナデンシロップ:適量
シュガー・シロップにエッセンスで香りづけしたシロップをフレーバード・シロップという。その代表的なものとしてグレナデン・シロップがあげられます。

【手順】

①材料をシェイクします。
②カクテルグラスに注いで完成です。

【メキシカンの特徴】

黄色く味は甘口。パイナップルの甘酸っぱさがテキーラとの相性抜群。

【メキシカンのストーリー】

テキーラベースのものとしては、古くから存在するカクテル。作者は、ハリー・クラドック。彼は、イギリスのホテル、ザ・サボイのバーテンダーだった。テキーラベースのカクテルとしては、最も古いとする説もある。

いかがでしょうか?
メキシカンと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする