シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの若者で流行中【レモン・ドロップ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【レモン・ドロップの作り方】

【準備するもの】

ウォッカ:45ml
大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物を主な原材料としており、ジンと原材料はほとんど同じである。しかし作る工程が異なり、その為エタノール成分を除けば無味無臭である。スクリュードライバーなど、ウォッカベースの人気カクテルは多いが、意外にもロシアや東欧ではウォッカと何かを混ぜることは邪道と言われている。

砂糖:少々
甘味ある調味料です。

レモン:一切れ
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

【手順】

①グラスにレモン汁、ウォッカ、砂糖を入れ、砂糖が溶けるまで混ぜます。
②氷が入った別のグラスに注ぎ完成です。

【レモン・ドロップの特徴】

飲み方が独特で基本はニコラシカのように飲むのだが、この飲み方はまず口の中に自分の好きな量だけ砂糖を含み、次にレモンを絞り出す。
口の中で甘さと酸味が混ざった所でリキュールグラスを傾ける。
ウォッカそのものに味が無いので甘みと酸味をそのまま楽しむ事が出来る。

【レモン・ドロップのストーリー】

アメリカで本当につい最近はやり出したカクテルである。
名前はカクテルの飲み方からきている。

いかがでしょうか?
レモン・ドロップと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする