シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切ない気持ちにピッタリ!大人なカクテル【ラスト・キス】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ラスト・キスの作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:45ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

ブランデー:10ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

レモンジュース:5ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

【手順】

①材料すべてと氷をシェイクします。
②カクテルグラスに注ぎ完成です。

【ラスト・キスの特徴】

切ない名前にぴったりの辛口カクテル。かなりドライで、ほろ苦さもある。
ほとんどがラムでブランデーとレモンジュースをほんの少し入れただけだが、その少しが味と香りに深みを与えておりすっきりとした味に仕上がっている。
色は甘酸っぱい初恋のようなレモン色。

【ラスト・キスのストーリー】

由来についてははっきりしていないが、最後の別れのキスの切ない意味合いと取るのが一般的らしい。
ほろ苦く引き締まった味も、切ない夜に思いを馳せる大人のカクテルのイメージにぴったり。
もう一つの解釈は寝酒(ナイトキャップ)として、恋人たちが飲む今日最後のお酒という意味とも考えられる。
確かに、甘みがほとんどないので寝る前にベッドで飲んでいても虫歯にはなりにくく、寝酒には適していそう。
いずれにせよ、夏の終わり頃の夜に余韻に浸りながら飲むのにぴったりのお酒。

いかがでしょうか?
ラスト・キスと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする