シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス語で「噂」を意味する【ラ・ルメール】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ラ・ルメールの作り方】

【準備するもの】

テキーラ:25ml
4大スピリッツの1つであるテキーラはリュウゼツランの一種である「アガベ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」を原料とした蒸留酒で、その中でも特定の生産地で作られたものをテキーラと呼んでいます。その他にもいくつか規則があり、51%以上の原料が使われていることやアルコール度数が35%~55%であること、などの決まりがあります。カクテルにして飲んでも美味しいですし、ライムをかじりゴクッとストレートで飲んでも非常に美味しいお酒です。

レモンリキュール:15ml
レモンを主な原材料として作られたリキュール。爽やかなレモンの香りと甘くてほろ苦い味わいのリキュール。

バイオレット:10ml
美しい色合いは女性からも人気があり、パーティの花などと呼ばれるほど上品なお酒です。スミレの華やかな香りと美しい紫色が特徴のリキュールです。

パッションフルーツリキュール:10ml
パッションフルーツを主な原材料としたリキュール。パッションフルーツのフルーティな香りと甘酸っぱさが特徴のリキュールです。

オリーブ:1個
オリーブオイルの原料となる実。塩漬けにされたものがよくBarで食べられています。

ブラックオリーブ:1個
完熟してから収穫したのがブッラクオリーブ。ブラックは穏やかな風味が特徴で、グリーンオリーブよりあっさりとした味わいです。

【手順】

①シェーカーにテキーラ、レモンリキュール、
パッションフルーツリキュール、バイオレットを入れてシェークします。
②グラスに注ぎカクテルピンに刺したオリーブを沈めて完成です。

【ラ・ルメールの特徴】

シロップ等を入れていないのに、ふんわりとした甘口。テキーラ、ヴァイオレット、レモン、パッションと複雑に溶け合う。きれいな薄紫色のカクテル。

【ラ・ルメールのストーリー】

大槻健二氏創作、第23回(1996年・東京)総合優勝作品。カクテル名はフランス語で「噂」の意味。

いかがでしょうか?
ラ・ルメールと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする