シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングが名前の由来。ハードパンチな【ノックアウト】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ノックアウトの作り方】

【準備するもの】

ジン:30ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

ドライベルモット:20ml
フランス発祥の辛口のベルモットです。ベルモットは、白ワインをベースに、香草やスパイスを混ぜて作られるフレーバードワインです。

リカール:10ml
パスティスのトップブランド。リコリス(甘草)を原料に使うことが法律で定められたアニス酒。スパイシーな香りと清涼感のある味わいが特徴で、パインジュースなどで割って、カクテルとして飲むのも◯。

ホワイトペパーミント:1tsp
ペパーミントのフレーバーが入った、無色透明のリキュールです。

マラスキーノ・チェリー:1個
マラスキーノに漬け込んださくらんぼです。

【手順】

①材料をステアして、カクテルグラスに注ぎます。
②マラスキーノチェリーを沈め、完成です。

【ノックアウトの特徴】

名前の通り、強いカクテルで辛口。 リカールとホワイトペパーミントが強い個性を作り出し、この配合が理性を奪うほどの魅力を発揮するといわれている。 さっぱりと爽快な味わいで、つい飲み過ぎてしまいそうなカクテル。

【ノックアウトのストーリー】

1927年ボクシング世界ヘビー級選手権でジャック・デンプシーに勝利したジーン・タニーのために創作されたカクテルといわれている。 しかし、カクテルの名前『ノック・アウト』とは違い、この試合は判定による勝利であった。 かつてはアブサンを使うものが主流だったが、中毒を起こすとして使用が禁止されていたため、現在はリコリスかアニスを使ったリカールが主流である。 アブサンの代用品であるパスティスも用いられる。

いかがでしょうか?
ノックアウトと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする