シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲みやすい甘さに騙される【キス・イン・ザ・ダーク】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【キス・イン・ザ・ダークの作り方】

【準備するもの】

ジン:40ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

マラスキーノ・チェリー:20ml
マラスキーノに漬け込んださくらんぼです。

ドライベルモット:1tsp
フランス発祥の辛口のベルモットです。ベルモットは、白ワインをベースに、香草やスパイスを混ぜて作られるフレーバードワインです。

【手順】

①各素材を氷と共に、ミキシンググラスに入れて軽くステアします。※シェイクする方もいます
②ストレーナーで氷を取り除き、ショートのカクテルグラスに注いで完成です!

【キス・イン・ザ・ダークの特徴】

日本人うけするチェリーブランデーの豊かな甘味と、ドライベルモットの香りのカクテルは女性好み。 まろやかな口当たりで飲みやすい仕上がりだが、アルコール度数が高め。 3つのお酒が絶妙にマッチした大人のカクテル。

【キス・イン・ザ・ダークのストーリー】

ジンとベルモットの定番の組み合わせにチェリーリキュールを加えると、ほんのりと甘いロマンティックなカクテルに変身。 デートの最後はこれできめたい。 正式名称は、「キッス・イン・ザ・ダーク・カクテル」だが、通常、「キッス・イン・ザ・ダーク」と省略する。 マティーニに、チェリー・ブランデーを加えたカクテルとして知られる。 このカクテルが、いつ頃からあったのかは不明だが、古くから存在するカクテルとしても知られている。 辛口にしたい場合は、ドライ・ジンの分量を増やしてチェリー・ブランデーを減らすとよい。

いかがでしょうか?
キス・イン・ザ・ダークと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする