シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レモンの皮が特徴的!【ホーセズ・ネック】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ホーセズ・ネックの作り方】

【準備するもの】

ブランデー:45ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

ジンジャーエール:適量
ジンジャーの苦味ある味わいとシュワっとのどごしが良い炭酸飲料です。

レモンピール:1個
レモンの皮はよりレモン感を強く感じさせます。

【手順】

①らせん状にむいたレモンの皮を、タンブラーに飾ります。
②氷を入れ、ブランデー、ジンジャーエールを注ぎます。
③軽く混ぜて完成です。

【ホーセズ・ネックの特徴】

「ブランデー・ジンジャー」にレモンの皮をらせんに剥いたものを入れるレシピで、“ホーセズネック”とは馬の首のことで、グラスにかけたレモンの皮が馬の首に見えたことからこの名前がついたといわれる。ブランデーの香りがさわやかな、ほんのりと甘みのあるロングカクテルである。

【ホーセズ・ネックのストーリー】

「ホーセズ・ネック」でレモンを使わない場合は「ブランデー・ジンジャー」。フランス人はコニャックを使って、むしろこちらのレモン抜きを好む。ブランデーとジンジャーエールはレモンのあるなしに関わらず、相性が良い。 ホーセズネックはデコレーションも楽しめるカクテル。レモンジュースを使ったものは「ブランデー・バック」というカクテルになる。

いかがでしょうか?
ホーセズ・ネックと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする