シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年パーフェクトタンカレーマティーニ 優勝作品【栄光のマティーニ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【栄光のマティーニの作り方】

【準備するもの】

ジン:40ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

レモンジュース:10ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

グランマルニエ:5ml
オレンジリキュールの銘柄の1つ。カクテルはもちろん、食前酒やデザートにもよく使われる。

モナンローズシロップ:5ml
薔薇の香りがするシロップ。薔薇の香りとほのかな甘さがドリンクを上品な味わいにします。

ガリアーノ:1tsp
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

ブラウンシュガー:適量
サトウキビから絞った汁をそのまま砂糖にしたもの。

ホワイトシュガー:適量
さっぱりとした甘みでよりカクテルの香りを引き立てます。

【手順】

①カクテルグラスの縁を濡らしてブラウンシュガーとホワイトシュガーでスノー・スタイルを作ります。
②各材料をシェークしたものをカクテルグラスに注ぎます。

【栄光のマティーニの特徴】

マティーニのバリエーションは数え切れない程あるが、栄光のマティーニは香りの豊かさと甘味の優しさを楽しみたい。 グラスの縁にあしらったグラニュー糖とザラメがまるで大粒のクリスタルのように輝く、女性のための華やかなマティーニ。

【栄光のマティーニのストーリー】

2000年 ジャーディン W&S カクテルコンペティション タンカレー部門 最優秀作品賞に輝いたダイヤモンドホテルの栗原幸代氏の作品。 「若いスタッフが新しいカクテルを前に煮詰まってしまったときには、『帰りなさい』ってアドバイスします。 帰って、気持ちをフラットに切り替える。 インスピレーションって頭がクリアな状態のときに現れることが多いようです」 こうした「フラット」な気持ちを大切にする栗原さんは、寝入りばなでもカクテルのアイデアが浮かぶという。 そんなときはすかさずメモ! で、こうしたメモから生まれたのが代表作「グローリアス マティーニ」なんだそうな。

いかがでしょうか?
栄光のマティーニと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする