シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香り高さと上品な甘さのコネクション!【フレンチ・コネクション】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【フレンチ・コネクションの作り方】

【準備するもの】

ブランデー:45ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

アマレット:15ml
杏仁から造られる香ばしい味わいのリキュール。アーモンドの香りが特徴です。

【手順】

①ロック・グラスに氷と材料を入れ、ステアして完成です。

【フレンチ・コネクションの特徴】

1971年に公開されたアメリカ映画、ジーン・ハックマン主演の「フレンチコネクション」にちなんで命名されたカクテル。イタリアを代表するリキュール「アマレット」と香り高いブランデーがグラスの中で見事にマッチしている。わずかな酸味も感じられる優雅なカクテルです。

【フレンチ・コネクションのストーリー】

ベースのブランデーをウイスキーに帰ると「ゴッド・ファーザー」というカクテルになります。アマレットはアンズの核(種の中身)から作られるリキュール。アマレットの中で最も有名な「ディサローノ・アマレット」は、16世紀、タリアの画家ベルナルディーノ・ルイーニが、聖母マリアの画を描くためにこのときに絵のモデルとして雇った宿屋の若い女主人と恋におちこの女性がルイーニに贈ったのが原形と言われています。

いかがでしょうか?
フレンチ・コネクションと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする