シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄の海が目に浮かぶ【エル・ニーニョ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【 エル・ニーニョの作り方】

【準備するもの】

泡盛:20ml
原料にタイ米、黒麹菌を使用した焼酎。沖縄県で良く飲まれます。

メロンリキュール:15ml
メロンが原材料のリキュール。主に日本とオランダで作られる。アルコール度数はおおよそ17〜23度、エキス成分は14〜45%。

ライチ・リキュール:15ml
ライチのほんのり甘い味わいのリキュールです。

レモンジュース:15ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

メロン・シロップ:5ml
メロンの甘い味わいのシロップでです。

【手順】

①材料すべてをシェイクします。
②クラッシュド・アイスを詰めたグラスに注ぎ完成です。

【 エル・ニーニョの特徴】

沖縄の特産の度数の高いお酒である泡盛をベースに、甘みと香りの強いメロンやライチのリキュールを使い、南国テイストに仕上がっています。レモンジュースが入っているので、甘すぎない仕上りで食前、食後などを問わず飲みやすいカクテルです。

【 エル・ニーニョのストーリー】

エルニーニョとは、熱帯太平洋の中部から東部,ペルー沖にかけての海面水温が数年に一度大規模に上昇する現象をいいます。
もとはペルーの漁師たちが毎年クリスマスの頃に海面水温が高くなる現象をスペイン語で神の子=エルニーニョと呼んでいました。
その名の付いたこのカクテルは、HBA沖縄支部10周年記念大会で第3位に選ばれた松本信行氏の作品です。
カクテル「エルニーニョ」には「温暖化STOP!」という意味も込められています。

いかがでしょうか?
エル・ニーニョと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする