シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地震が名前の由来のカクテル!?【アースクエーク】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【アースクエークの作り方】

【準備するもの】

ジン:20ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

ウィスキー:20ml
ウイスキーは大麦から造られるお酒です。世界でも多くの人に親しまれており、女性からも太りにくいお酒としてハイボールなどで飲まれることが多い人気のあるお酒です。

アブサン:20ml
クセがとても強いお酒です。40~90度もの度数があり、過去には生産が中止されたこともあるそう。

【手順】

①各1/3ずつシェーカーに入れます。
②しっかり混ざるようにシェイクます。
③シェイクした後にカクテルグラスに注いで完成です!

【アースクエークの特徴】

ペルノのハーブの香りと、アルコール度数の高いカクテルです。 辛口で食前酒向けであり、ジンもウォッカも好きな方にはぴったりのカクテル。 強いお酒×強いお酒を組み合わせたカクテルなので、空腹時にはやや注意が必要。 ゆっくりと少しずつカクテルを楽しみたい方にもおすすめ。

【アースクエークのストーリー】

アブ・ジン・スキーという呼び名もある。 40度以上もあるアルコール度数の高さから、飲むと地震 (Earthquake) にあったかのようなショックを形容したものである。 代わりにペルノーを使ってもアースクエイクと呼ばれる。 ペルノは、15種類のハーブから造られるアニス・リキュール。アブサンの代用品として作られた。 アブサンは、ニガヨモギを主原料にするリキュールだが、精神中毒を引き起こすので製造禁止になっている。

いかがでしょうか?
アースクエークと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする