シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キューバのスクリュードライバーが名前の由来【キューバン】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【キューバンの作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:35ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

アプリコットブランデー:15ml
新鮮なアプリコットの果汁、ブランデーを原料にしたリキュール。

ライムジュース:10ml
ライムの酸味がカクテルを爽やかな味わいにします。

グレナデンシロップ:2tsp
シュガー・シロップにエッセンスで香りづけしたシロップをフレーバード・シロップという。その代表的なものとしてグレナデン・シロップがあげられます。

【手順】

①全ての素材をシェークする。
②カクテルグラスに注いで完成です。

【キューバンの特徴】

ブランデーベースの「キューバン・カクテル」とは全くの別物なので混同に注意。
アプリコットの奥深い香りをラムとライムのキレが引き締めている。
隠し味としてオレンジのスライスを1枚入れるとよりおいしく飲める。

【キューバンのストーリー】

ネーミングの由来は国名のキューバ。キューバはラムと砂糖、そして煙草の産地で、モヒートやダイキリなど数々の有名なカクテルを産み出した国。
究極のカクテルを求めて世界を旅するほどお酒好きだった文豪ヘミングウェイもキューバのカクテルを愛し、かつてお気に入りだったバーでダイキリが生まれたという逸話もあるほど。

いかがでしょうか?
キューバンと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする