シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きめ細かい泡立ちが癖になる!【シカゴ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【シカゴの作り方】

【準備するもの】

ブランデー:45ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

オレンジキュラソー:2dash
オレンジの果皮を主に使用して作られる、オレンジリキュールです。
シトラスの風味やオレンジの甘味が感じられるお酒です。

アンゴスチュラ・ビターズ:1dash
#N/A
シャンパン:適量
フランスのシャンパーニュ地方特産のスパークリングワイン。それ以外の産地、製法で製造されたものはスパークリングワインと表記されます。

【手順】

①グラスの縁を砂糖でスノースタイルにします。
②材料をシェイクし、グラスに注げば完成です。

【シカゴの特徴】

きめ細かい泡立ちを持つ飲みやすいカクテル。アメリカの都市シカゴに由来しています。すっきりとした仕上がりとなっている。砂糖でスノー・スタイルにしているため口当たりは甘い。ブランデーの濃厚な味を生かした刺激的なテイストの本格的なショートカクテル。

【シカゴのストーリー】

「シカゴ」はイリノイ州最大の都市ですが「シカゴ」とはアメリカの先住民の言葉で、「ニンニク畑」の意味で、この辺りにニンニク畑が多かったことから名付けられたようです。アメリカの州や都市の名前をつけたカクテルは他多数あり、「ニューヨーク」や「マンハッタン」、「カリフォルニア・レモネード」「テネシー・クーラー」「ブルックリン」「マイアミ」「モンタナ」など。

いかがでしょうか?
シカゴと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする