シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食後はコーヒーではなく、これで決まり!【シャンゼリゼ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【 シャンゼリゼの作り方】

【準備するもの】

シャルトリューズ・ヴェール:1/4

ハーブ系リキュール。130種に及ぶハーブの配合。レシピはシャルトリューズ修道院の修道士の3人のみが知る秘伝のお酒です。ヴェールはスパイシーでハーブの香りが特徴的

ブランデー:1/2
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

レモンジュース:1/4
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

アンゴスチュラビターズ:1dash

【手順】

①材料すべてをシェイクします。
②カクテルグラスに注ぎ完成です。

【 シャンゼリゼの特徴】

シャンゼリゼは豊かな風味のわりにはさっぱりとしたテイストですので、どんなシチュエーションにも比較的よく合います。ブランデーにフランス生まれのリキュールの名酒、シャルトリューズ ヴェールをプラスしたお洒落なカクテル。シャルトリューズ ヴェールのミント風味のスパイシーな味とレモンの酸味、ビターズの苦みがアクセントになる。食事のしめくくりのカクテルとしておすすめ。

【 シャンゼリゼのストーリー】

このカクテルの名前「シャンゼリゼ」はパリの目抜き通りの名前です。この大通りは、マロニエの並木道となっていて、東はオベリスクのあるコンコルド広場から、西はエトワール凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場まで全長約3km続いていて幅は70mもあります。エトワール凱旋門に上るとまっすぐにのびている「シャンゼリゼ」通りが一望できます。

いかがでしょうか?
シャンゼリゼと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする