シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハラペーニョが刺激的な【ケージャン・マティーニ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ケージャン・マティーニの作り方】

【準備するもの】

ジン:50ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

ドライベルモット:10ml
フランス発祥の辛口のベルモットです。ベルモットは、白ワインをベースに、香草やスパイスを混ぜて作られるフレーバードワインです。

ハラペーニョソース:4drop
グリーンのタバスコ。辛さはタバスコの1/5。青唐辛子とビネガーを使ったソースです。

オリーブ:1個
オリーブオイルの原料となる実。塩漬けにされたものがよくBarで食べられています。

【手順】

①ジン、ヴェルモット、ハラぺーニョソースを氷を入れたミキシンググラスでステアし、カクテルグラスに注ぎます。
②オリーブを飾り、レモンピールを絞ります。

【ケージャン・マティーニの特徴】

ハラペーニョソースが刺激的。 パラペーニョソース(唐辛子のソース)の辛さとドライジンの切れ味が相乗効果をもたらすカクテル。 さっぱりとしていて、食前酒におすすめのカクテル。 普通のマティーニとは違うものにチャレンジしたい方に。

【ケージャン・マティーニのストーリー】

数え切れない程あるマティーニのバリエーションのひとつ。 飲み物といばブラッディーマリーのカクテルにとどまらずに、ルイジアナではマティーニにもハラペーニョソースをエッセンスにしており、このカクテルを「ケイジャン・マティーニ」と言う。 食前酒に飲まれる比較的に最近流行したカクテルのひとつで、新しいマティーニのヴァージョンとして一般的となった。 タバスコに青いハラペーニョソースが登場したのだが、従来の赤いチリソースよりは辛味と刺激はやわらかいのが特徴。

いかがでしょうか?
ケージャン・マティーニと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする