シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カクテルの定番!ジンジャーエールで割ってブランデーがごくごく飲める【ブランデー・ジンジャー】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ブランデー・ジンジャーの作り方】

【準備するもの】

ブランデー:45ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

ジンジャーエール:適量
ジンジャーの苦味ある味わいとシュワっとのどごしが良い炭酸飲料です。

【手順】

①氷を詰めたグラスにブランデーを入れ、ジンジャエールを注いでステアをし完成です。

【ブランデー・ジンジャーの特徴】

ブランデーをジンジャーエールで割った手軽に楽しめるカクテルです。口当たりはとてもさわやかである。香りが良く、濃厚な味のブランデーにジンジャーエールを入れるだけでこれほど味が変化するものかと思うとカクテルの奥の深さが楽しめる。

【ブランデー・ジンジャーのストーリー】

ジンジャーエール(ginger ale)とはジンジャー(ショウガ)などの香りと味をつけ、カラメルで着色したノンアルコールの炭酸飲料である。味はショウガ独特の辛みがある。日本国内ではコカ・コーラ社やアサヒ飲料など数社から発売されているが、カナダドライ(コカ・コーラ社)とウィルキンソン(アサヒ飲料)が有名なブランドである。商標はカナダドライが「ジンジャーエール」で、ウィルキンソンは「ジンジャエール」を用いている。

いかがでしょうか?
ブランデー・ジンジャーと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする