シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幸福の瞬間?それともお断り?魅惑的な【ブルー・ムーン】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ブルー・ムーンの作り方】

【準備するもの】

ジン:40ml
4大スピリッツの1つであるジンは、大麦、じゃがいも、ライ麦を原料とした蒸留酒で、数多くの人に愛されているお酒です。消費の8割ほどはカクテルとして飲まれています。ジンはアルコール度数が高く冷凍庫では凍らないので、キンキンに冷やした状態の方が美味しく楽しむことができます。

バイオレット:5ml
美しい色合いは女性からも人気があり、パーティの花などと呼ばれるほど上品なお酒です。スミレの華やかな香りと美しい紫色が特徴のリキュールです。

レモンジュース:15ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

【手順】

①ドライジン、バイオレット、レモンジュースをシェーカーに入れます。
②氷を入れてシェークします。
③カクテルグラスに注ぎ、完成です。

【ブルー・ムーンの特徴】

甘いスミレの花の香りとレモンの酸味が特徴。 神秘的な薄紫の色合いと、香水のような香りがとても色っぽいカクテル。 レモンジュースが加わることで、甘すぎずキツすぎずで、比較的飲みやすい。 ロマンチックな名前も人気のひとつ。

【ブルー・ムーンのストーリー】

作者も生まれ年も不明だが、1929年(昭和4年)出版のカクテルブックにもレシピが載っているところをみると、それより以前に誕生した歴史あるカクテル。 「ブルームーン」といえば、ロジャース&ハートのゴールデンコンビの名曲としても有名。 仕上げにレモンピールを月形に切って浮かべると、さらに夢のあるカクテルに。 色合いが美しいカクテルで、神秘的な月をイメージしたと言われている。 同様に紫色を帯びるアヴィエーションとの類似性があり、マラスキーノを使用しない点が違いとして知られている。

いかがでしょうか?
ブルー・ムーンと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする