シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるでハワイの海ような綺麗さ♪【ブルー・ハワイ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ブルー・ハワイの作り方】

【準備するもの】

ホワイトラム:30ml
無職透明のラム酒。活性炭で濾過される事により、素材の味を自然なまま味わうことができます。

ブルーキュラソー:15ml
オレンジを主原料にし、青に色付けした香りが強く甘いリキュールです。キュラソーは主にカクテル作りに使われますが、スイーツを作る時にも使われます。

パイナップルジュース:30ml
パイナップルの甘酸っぱさがさっぱりとしたカクテルの味わいをつくります。

レモンジュース:15ml
レモンの爽やかな酸味がカクテルをすっきりした味わいにします。

パイナップル:1cut
パイナップル系のカクテルにカットし装飾用に使用します。

チェリー:1個
甘酸っぱい味わいの果物です。

【手順】

①材料をシェークし、クラッシュドアイスを詰めたグラスに注ぎます。
②パイナップルなどを飾り、ストロー2本を添え完成。

【ブルー・ハワイの特徴】

ブルーキュラソーが青く澄んだ海、クラッシュドアイスが砕ける波、パイナップルジュースがハワイの甘い香りを演出している。
綺麗なエメラルドグリーンで、トロピカルドリンクの代表だがココナッツミルクは使われておらず、酸味が効いて甘酸っぱく爽やか。

【ブルー・ハワイのストーリー】

太平洋に浮かぶ常夏の島ハワイの澄んだ海をイメージしている。
デコレーションにはレッドチェリーやパイナップルだけでなく、ミントの葉やランの花を使うとより一層見栄えがよくなりそう。
夏は氷を砕いてフラッペとして作ると涼しげで美味しい。
カクテル名は1937年に公開されたミュージカル映画「ワイキキ・ウエディング」で主演のビング・クロスビーが歌った「ブルー・ハワイ」という曲にヒントを得て名付けられたと伝わっている。

いかがでしょうか?
ブルー・ハワイと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする