シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒が好きな方におすすめしたい!アルコールの力強さと甘さを感じる【ビー・アンド・ビー】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ビー・アンド・ビーの作り方】

【準備するもの】

ベネディクティン:30ml
世界各国で親しまれているフランス産ブランデーがベースのリキュールです。多数の香草や薬草を漬け込み作られる。

ブランデー:30ml
主に果実酒からつくられた蒸留酒をブランデーと呼びます。
語源やフランス語で「焼いたワイン」を意味する「brandewijn」から。主に白ブドウのワインを蒸留して樽にいれて熟成させつくられる。
りんごを使えば、アップル・ブランデー、さくらんぼを使えばチェリー・ブランデーなど様々な種類が存在する。

【手順】

①リキュール・グラスにベネディクティンを注ぎ、そこにブランデーをフロートさせれば完成です。

【ビー・アンド・ビーの特徴】

プース・カフェ・スタイルの1種であるフロートで作るのが一般的。ビー・アンド・ビーはまったりとした濃厚な甘さと豊かな香りが人気です。食後やデザート、カクテルタイムなどにオススメのカクテルです。

【ビー・アンド・ビーのストーリー】

ビー・アンド・ビー( B and B、B&B )とはこのカクテルに使用される酒、ブランデー( Brandy )とベネディクティン(ベネディクティーヌ)( Benedictine )の頭文字を取ったものである 。 なお、ブランデーにコニャック( Cognac )を選択した場合、日本ではB&Bのことを、B&Cと呼ぶ者もいる。コニャックは特定の地域で生産されるブランデーなので 、 たとえコニャックを使用した場合でも、B&Bと呼ぶのが一般的である。

いかがでしょうか?
ビー・アンド・ビーと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする