シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぱり爽やかヨーグルト風味のカクテル【アブドゥーグ】のカクテルレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【アブドゥーグの作り方】

【準備するもの】

ウォッカ:30ml
大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物を主な原材料としており、ジンと原材料はほとんど同じである。しかし作る工程が異なり、その為エタノール成分を除けば無味無臭である。スクリュードライバーなど、ウォッカベースの人気カクテルは多いが、意外にもロシアや東欧ではウォッカと何かを混ぜることは邪道と言われている。

プレーンヨーグルト:60ml
意外にもヨーグルトはカクテルによく使われます。

:少量
BARで一般的に使われる塩は「マルガリータ・ソルト」他にも「食卓塩」「海塩」「岩塩」など使用する場合があります。

ソーダ:適量
シュワシュワっと口当たり爽やかな炭酸飲料です。

【手順】

①ウォッカとソーダ水以外の材料をグラスに入れ、よくステアします。
②そこへ氷を入れ、ソーダ水を満たし、再度軽くステアして完成です。

【アブドゥーグの特徴】

ウォッカにプレーン・ヨーグルトを加えベースのテイストをヨーグルト味にし、ソルトを加えることでそのヨーグルト風味を引き立てる。最後にソーダ水を加えることで、全体をさっぱりと爽やかな口当たりに仕上げている。
アブドゥーグは全体的にさっぱりとしたテイストの仕上がりになっていますので、どんな料理やシチュエーションにも比較的よく合うカクテル。

【アブドゥーグのストーリー】

イラン生まれのカクテル。パーレビ朝の時代に飲まれていたとされる。
ペルシャ語でアブは「水」、ドゥーグは「ヨーグルト」の意味。無色透明なウォッカを水に見立てている。

いかがでしょうか?
アブドゥーグと共に素敵な夜をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする